ラーキャリは短期間で資格取得したい人におすすめ!

履歴書にかける資格が運転免許証くらいしかないので、「ラーキャリ」でパンプロフェッショナル資格を取得することにしました。

本記事ではラーキャリの資格取得講座について解説していきます。

(現在受講中で、もうすぐ本試験を受ける予定です)

資格取得の「ラーキャリ」とは?

  • 在宅だけでできる
  • 最短約2週間で完了
  • 課題は提出なしでもOK
  • テキストがわかりやすい、難易度低め
  • 印刷やネット環境が不要!
  • 自分の好きなタイミングで試験を受けられる
  • 【一般社団法人日本技能開発協会】に認定された資格

短期間で、自分のペースで資格が取得できるので、忙しい人や大至急資格を取得したい人におススメです。また、テキストも薄くて短時間で学習できるので、勉強が苦手な人でも続けやすいと思います。

講座内容としては、

  • 健康美容・スポーツの資格講座
  • ビジネス・趣味・実用の資格講座
  • 動物の資格講座
  • お酒の資格講座
  • 心理学の資格講座

全30種類の資格ラインナップです。

例えば、『栄養・料理の資格講座』としては、以下9講座があります。

  • サプリメントアドバイザー
  • パンプロフェッショナル
  • 漢方アドバイザー
  • 介護食プランナー
  • 料理スペシャリスト
  • 薬膳プロフェッショナル
  • 食育栄養アドバイザー
  • オーガニックベジタブルアドバイザー
  • アスリートフードアドバイザー

今回私は『パンプロフェッショナル』の資格講座を受講してみました。

一番人気は「コーヒー&マネジメント資格」だそうです。

>>自宅でカンタン資格取得なら【ラーキャリ】

パンプロフェッショナルを受講した感想・レビュー

これが一式です。

  • テキスト
  • 問題集
  • 添削課題
  • 本試験

教材を受け取ったときの第一印象は、

テキストが薄い!

ということでした。本当に驚きました。何故かと言うと、

テキスト教材+試験で49,500円するので、もっと分厚いテキストが何冊も届くと思っていたためです。

テキストの内容はこのような感じになります。

パンプロフェッショナル資格なので、パンの知識、作り方などが網羅されています。ごくごく一般的なテキストです。

わかりやすく説明されているので、勉強が苦手な人でも学習しやすいと思います。

学習の流れとしては、

テキスト学習⇒問題集⇒添削課題⇒本試験⇒資格取得!

となります。添削課題は提出なしでもOKです。添削を出したりするやり取りが面倒な人や急いでいる人には有難いですが、本気で勉強したい人にはちょっと微妙かも…。

テキストは薄いので、真剣にやれば数日で終わらせることも可能です。急いで資格が欲しい方向けです。

>>自宅でカンタン資格取得なら【ラーキャリ】

本試験

本試験は筆記試験です。基本的にテキストから出題されているので、テキスト内容をある程度理解していれば合格できます。自宅で受験できるので時間制限もなく、調べながら解くこともできます。

資格取得後は、専門知識を持っていることが証明されるディプロマ(認定証)が発行されます。
※認定証は2~3週間以内に届きます

合格できなかった場合には再試験を受講できますが、5,000円かかります。

講座を申し込まないで、本試験だけを受験することも可能です。本試験のみであれば11,000円です。

>>自宅でカンタン資格取得なら【ラーキャリ】

ラーキャリはこんな人におすすめ!

  • 短期間でできるだけ簡単に資格がほしい
  • 難しい勉強が苦手、簡単にとりたい
  • 自宅のみで資格が取りたい

私が受講しているパンプロフェッショナルに関しては、正直、内容の充実度は大したことはありません。試験も自宅で受講できてそれほど難しくないので、合格しやすいです。
※おそらく他の資格講座も同じだと思います

それで、【一般社団法人日本技能開発協会】に認定された資格が取得できます。一般社団法人日本技能開発協会は、一定の知識や技術であることを明確にし、資格を取得すると水準以上の知識がある者として認定しています。履歴書などに書いてアピールすることができます。

できるだけ簡単に資格が欲しい人、とくに就職のために急ぎで資格が欲しい方にはピッタリです!

デメリットとしては、テキストが薄くて内容はそれほど深いものではないにもかかわらず、受講料が高いことです。
※テキスト教材+試験で49,500円

なるべくお金をかけずに資格が欲しいという人は、本試験のみであれば11,000円です。ある程度知識のある人であれば、本試験だけでも合格できると思います。

言い方は悪いですが、お金で資格を買うと思ったほうがよいかもしれません。思いっきり専門知識を身につけて、プロフェッショナルになることを目的とするならやめたほうがよいです。

履歴書などでアピールする資格がすぐにでも欲しい人にピッタリの講座です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました