トイレの詰まりを自力で解決した方法!

実は先日自宅のトイレが詰まって水が流れなくなってしまいました。恥ずかしい話ですが、原因は『便』。ものすごい大きかったり太かったりという便ではなかったのですが何故か詰まりました。おそらく硬かったのが原因だと思います。

詰まりの状況

硬い便をしたあとすぐに流したところ、便は流れて見えなくなったのですが水が便器いっぱいまでたまってしまう状態になりました(ぎりぎり溢れませんでした)。

そのまま放置しておくと、ゆっーくりと少しずつ水がひいていきました。だいたい5分位で水位が下がったので「小」のレバーで水を流してみました。

状況は変わらず、便器ぎりぎりまで水がたまって放置しておくと5分位で徐々に水が少なるなるといった状況です。

これで解決!

マンションの管理会社に連絡しようとまず考えたのですが、便が詰まったというのが何となく恥ずかしくて躊躇しました。そこでネットで調べたところ、自力でトイレの詰まりを解決する方法がいくつか紹介されていました。

最も一般的な方法は『ラバーカップ(スッポン)』を使用して詰まっているものを出すという方法。

アマゾンで調べたところ、こちらの商品が硬い便の詰まりを解決したとのレビューが多くてよさそうです。

アマゾンで注文すると配達は翌日になってしまうので、まずはラバーカップを使わない方法を試すことにしました。

ラバーカップを使わないで詰まりを解決するのに一番効果的そうだったのが、『お湯で溶かす』という方法。

早速やってみました。幸いなことにうちのトイレはユニットバスなのですぐ近くにシャワーノズルがあります。シャワーの温度を60℃に設定して水位が下がった状態の便器に「ジャージャー」とお湯を入れて便器をお湯でいっぱいに満たしました。

10分ほどでお湯の水位がひいたので、「小」レバーで流してみましたが変化なし。まだ詰まったままです。これを3回繰り返しましたが一行に直る気配がないので、次の策を試しました。

針金ハンガーをほどいて長くし『便器の奥をツンツンとつついて便をほじくりだす』という方法です。

これが実際の写真です。

こうすることで、便の破片みたいなものが少しだけ浮き出してきました。詰まっていた便が少しはほぐれたのだと思います。この状況でお湯を再び流し入れました。

そうしたら、「ボコッツ、ボコッツ」とこれまでにない音がしました。この段階ではまだ完全に詰まりがとれた状況ではなかったので、流してもまだ流れません。ただ先ほどまでとは違う変化が現われたことで「解決するのではないか」という希望が見えだしました。

「ボコッツ、ボコッツ」といいはじめたらあともう少しです!

その後水位が低くなってから再びお湯を流し入れたら、「ボコッ、ボコッ、ボコッ、ボコッ」という音とともに一気に水位が低くなり詰まりが解決したのが瞬時にわかりました。

水を流してみると無事に流れました。

詰まってから解決までに要した時間は約3時間(途中様子見で放置していた時間もいれて)。業者を呼ばずにすみました。

便器が詰まったら業者を呼ぶ前に是非お試ししてみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする