自宅で癌のチェックができるデメカル検査キットを試してみました

私は祖母と叔母が胃がんで亡くなっているので普通の人よりも胃がんのリスクが高いと思われます。ピロリ菌がいると胃がんのリスクが高まるということなので、せめてピロリ菌の検査をしておいたほうがよいと思って近所の内科へ行ったのですが、胃の痛みなどの症状がないと保険適用にならないと言われました。また、検査は内視鏡でやるなど結構面倒くさそうでした。

そのため病院での検査は諦めたのですが、自宅でできる検査キットがあるとの情報を教えてもらいました。そこで、胃がんリスクチェックの検査キットを早速試してみました。私が使ったのは厚生労働省認定の「DEMECAL(デメカル)」という検査キットです。

デメカルとは

自宅で、いつでも簡単・安全に、高精度の血液検査ができるキットのブランドです。自宅で好きなときに、自分で手軽に血液検査ができるので、生活習慣病やがんなど早期の「気づき」に役立てることができます。

「デメカル」血液検査キットは、指先のわずか一滴の血液で検査ができます。しかもその検査精度は、一般病院の検査と同等のレベルです。

検査項目は「生活習慣病」「糖尿病」「痛風」「コレステロール」「中性脂肪」「C型肝炎」「ガン」「エイズ」「性病クラミジア」など様々ですが、今回私が試したのでは『胃がんリスクチェックABC分類(ピロリ菌+ペプシノーゲン)』です。

検査キットの一覧は公式サイトで確認できます
デメカル血液検査キット

検査キットを使ってみました

自宅で検査キットを使って採血したので、そのときの様子を紹介します。写真を撮りながらやったので少し時間がかかりましたが、それでも10分程度です。とても簡単でした。

これがキット一式です。

説明はイラスト付きでわかりやすいです。

採血の道具です。

中指にパチッとやると針がでて指から血が出てきます。痛みはほとんど感じませんでした。

指を押すと血がたくさんでてきます。

血液をスポイトの先に吸い込ませて血液採取は完了です。

絆創膏で出血はすぐ止まりました。

あとは説明書にしたがって容器を振ったりします。

最後は血液を分離させて完了!

封筒にいれて郵送します。

検査結果

検査結果データーは厳重なセキュリティで生涯管理できます(NTTデータ)。

検体を投函して3日後にメールで検査結果の速報が届きました。わざわざ病院へ検査結果を聞きにいかなくてよいので楽です!

これが結果です↓

bloodtest result

【ABC分類判定結果】
・A群
健康な胃粘膜です。胃粘膜萎縮の可能性は非常に低いと考えられます。胃がん発症の可能性はきわめて低い(ほぼゼロ)といえます。ただし、自覚症状がある人や過去5年以上精密画像検査(内視鏡検査など)を受けていない人は、精密画像検査(内視鏡検査など)をお勧めします。

現段階では胃がんリスクはほぼゼロ。ピロリ菌も陰性とのことで安心しました。

キットの詳細はこちら >> デメカル血液検査キット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする