WASHハウスのIPOで9万円の利益がでました!

先週のことになりますが、WASHハウス(6537)のIPO(新規公開株)で9万円の利益がでました。先月は九州旅客鉄道のIPOで5万円の利益がでたので、2カ月続けてIPOで利益が出たことになります。

今年は大してIPO当選していませんが、それでもこれまでに40万円以上の利益がでています。投資の中でもIPO投資は低リスクなので私は積極的にチャレンジしています。当選して利益がでれば、ちょっとしたボーナスという感じでテンションが上がります。

現在私の収入源としてはFXでの収益が一番大きいのですが、はっきりいって人におすすめはしません。以前はすすめていた時期もあったのですが、アベノミクスで逆張りをして大失敗して1,000万円以上損した経験があるためです。FXのことについては、また別の機会で触れたいと思います。

FXに比べれば株式IPOは非常にリスクが少ない投資法なので、投資をはじめたいという人にはお勧めです!

株式IPO

IPO投資とは、これから上場する株式(新規公開株)を上場前に手に入れて、上場後の値上がり益を狙って投資をする投資法です。

IPO投資は低リスクで大きな利益を上げることができるので、投資をはじめたいという人におすすめします。このIPO投資で今回は約9万円の利益を上げることができました。

今回上場したWASHハウス(6537)【東証マザーズ】の場合、2,300円で100株購入し(23万円)、3,240円で100株売却(32.4万円)しました。その差額は32.4万円-23万円=9.4万円となります。これから手数料が515円差し引かれたので正確には93,485円の利益です。

washhouse ipo

IPO株式を手に入れるには?

IPO投資で成功するコツは、大きな値上がりが期待できる優良銘柄を入手することです。これが結構難しいのです。

お金持ちの人(証券会社で多額の取引をしている富裕層)は、証券会社の担当者から新規公開株を優先的に購入できたりするようですが、私のような一般庶民はネットでの取引しかしていないので証券会社の担当者など知りません。そもそも取引額がたいしたことないので証券会社には相手にされないでしょう。

こんな私のような人が新規公開株を手に入れるためには『抽選』に参加することです。ネットで抽選に参加できるので、私は複数の証券会社に口座を作り、有望なIPO銘柄があればすべて抽選に応募しています。人気のある銘柄に当選する確率はそれほど高くありませんが、応募し続けていると年に数回は大物に当選しています。

以下は私がIPOで利用している証券会社です。全てインターネットで口座開設できます。この5社の口座を開設して、全力で抽選に参加すれば年に数回は利益が得られるチャンスが高いです。私の場合は、IPOの初値売りで毎年50~100万円程度の利益を出すことができています。

・SBI証券
・SMBC日興証券
・マネックス証券
・大和証券
・野村ネット&コール

※今回当選した『WASHハウス』も先月当選した『九州旅客鉄道』も「野村ネット&コール」で当選しました。他の証券会社でも申し込んでいましたがすべて落選でした。私の場合、野村ネット&コールはIPOだけの目的で口座開設して利用しています。SBI証券などに比べると取り扱っているIPOの数は少ないのですが、私の経験では大きな利益が狙える銘柄に当選する確率が意外と高いです。

IPOの抽選に申し込むには株式の購入代金が必要なので、それなりの資金があったほうが有利です。IPOは複数の銘柄の公開時期が重なることも多いので、すべてに応募するとなると最低でも100万円以上はないと厳しいです。が、10万円程度で購入できる銘柄もあるので、まずはできる範囲からはじめるのがよいと思います。

また、IPOは必ず利益がでるものではなく、人気のない銘柄は初値が公開価格を下回ることもあります。事前に銘柄をよくリサーチしてから購入する必要があります。投資は自己責任なので、あくまでも余裕資金で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする