NHK「貧困女子高生」議論から貧困の特徴を考えてみた

最近NHKで取り上げられた貧困女子高生の話題が注目を浴びています。今朝も「羽鳥慎一モーニングショー」でその話題をやってました。

NHKの貧困女子高生問題

その動画がこれです。

司会者もコメンテーターも口を揃えて女子高生を擁護していて呆れました。玉川氏ってちょっとやばい人ですね。

「たまに1,000円のランチを食べたり、コンサートに行ったりしたら貧困じゃないのか!」みたいな口調で貧困と言われる女子高生をかばっていましたが、何で炎上したかわかってないですね。

『たまに』ではなくて、Twitterには頻繁に1,000円超えランチの写真やコンサートに何度も行ったことが報告されています。これをみたら、「貧困女子高生」ではなくただの「無駄遣い女子高生」と映るわけです。

相対貧困は外見ではわからない云々の議論に持ち込もうとする専門家ばかりですが、この貧困女子高生の問題はそもそもそういう次元の話ではないと思います。

専門学校や大学に行くお金がない家庭って結構あると思いますが、その人たちみんな貧困ということになってしまいます。私の友人は母子家庭で大学の学費が工面できませんでしたが、奨学金でやりくりして大学を卒業しました。でも貧困というイメージはありませんでした。

このレベルでお金に困窮している人たちは昔も今もたくさんいます。が、多くの人たちはこの女子高生のような無駄使いはせずに、節約に励んで切り詰めて生活をしているのです。だから世間の人たちは怒っているわけです。

貧困の特徴

貧困といわれる人たちによくありがちな特徴を考えてみました。

部屋がもので溢れている

これは貧困層の最も典型的な特徴だと思います。テレビにでてくる貧困の家は狭い部屋に物がたくさんあふれています。逆に富裕層ほどものが少なくすっきりしていますね。

スマホ代が高い

今は格安スマホを利用すれば月々の携帯代は1,000円とかでもすむ時代です。貧困の人たちはそういう知識自体がないので、毎月スマホに高額な料金を支払っています。しかも貧困の人に限ってスマホはiphoneじゃなきゃダメとか言うんですよね。

ちなみに私はガラケーと格安SIMカードを利用していますが、月々の携帯代は全部合わせて3,000円もしません。まずは、貧困者に格安スマホを教えることなどを指導すべきだと思います。

自炊しないで外食や弁当が多い

貧困家族に限って一家全員太っていたりするのはよくあります。しかも両親揃ってお酒を飲んで、たばこを吸っていたり。生活保護もらってたばこ吸っていたら普通の人は納得いきません。でも、専門家は声をそろえて、貧困者にも楽しむ権利はある…とか理屈を並べます。食生活や健康面をきちんとしたものにするのが貧困脱却には必要ではないでしょうか。

親子2人で贅沢しないで自炊すれば食費は月1万円で十分たります。私だって業務スーパーを使用して節約しているので毎月1万円もかかりません。貧困の人たちはコンビニの弁当を買ったりしちゃうんですよね。

無駄遣いが多い

この女子高生のように貧困の人たちはお金がないのに、高額なランチを頻繁に食べたり無駄使いをしてしまいます。計画性が全くないのです。コツコツお金を溜めて専門学校の学費にするとかいう考え自体がないのです。

私は貧困というわけではありませんが、ランチに1,000円以上使うことなんて月に1回あるかないかです。多くの人はそうだと思いますので、やはり貧困女子高生の金銭感覚がおかしいという結論に至ります。

子だくさん

教育費とか考えずに欲のままに子供を作ってしまうのでしょうか。そうなると子供は高い教育を受けられず負の連鎖が続いていきます。

以上、貧困女子高生問題についてすっきりするために書いてみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする