Amazonで返品⇒購入金額よりも多い金額(ギフト券)が返金された

私はamazonのヘビーユーザーなので、これまでに何度か返品をしたことがありますが、いずれも商品に問題(食器が割れていたetc)があった場合です。今回ははじめて自分のミスによる返品をしました。自己都合なので、全額返金は難しいと覚悟していましたが、悔過的には購入金額よりも多い額が返金されるという不思議な結果になりました。

Amazonで購入した商品の返品手続き

Amazonでイヤホンマイク(1,299円)を購入(全額amazonギフト券を利用)したのですが、PCにつないでみると使えませんでした。よくよく商品説明を読むと、古いPCでは使えないという注意書きが記載されていました。完全にこちら側の注文ミスです…。

1,299円とそれほど高額な商品でもないので、そのまま廃棄しようとも考えましたが、「商品の返品」をしてみることにしました。

ちなみに、商品は開封しましたが、使えないことがすぐにわかったので、すぐに元通りに箱に戻しました。状態は非常にきれいで、見た目は未使用状態でした。

返品方法

1.注文履歴から「商品の返品」ボタンをクリックします。
Amazonの返品

2.返品の理由を選択します
Amazonの返品

今回は「手持ちのアイテムとの互換性がない」を選択しました。

3.返品商品の発送
「返送手続きを開始」ボタンをおすと、返金予定額が表示され、返品方法が表示されます。

返送方法: ご都合のよい方法
(海外からはDHLの保険付きの方法で返送してください)

都合のよい方法で返送してよいとのことなので、料金の安いクリックポストで送ることにしました。クリックポストは全国一律185円で送れる郵便局のサービスです(重さ1キロ以内、厚さ3cm以内などの条件があります)。小さな商品の場合、クリックポストは安くてお勧めです。

参考:クリックポスト(公式サイト)

トラブルや不具合がある商品を返品する場合は着払いでOKですが、今回のように自己都合による返品は元払い(送料自己負担)となります。

クリックポストはこんな感じでポスト投函すればOK。宛名はクリックポストのサイトで登録して印刷したのを貼付します。
クリックポスト

返金されました

商品を発送した2日後に「返金のご確認」というメールが届いたので、Amazonの管理画面で確認してみました。
Amazonの返品

返金処理済み
¥1,799を2019年3月3日に返金手続きしました。

となっていましたが、返金金額が購入金額より多いではありませんか。購入金額は1,299円なのに、返金金額が1,799円ということは、500円多く返金されたことになります。

Amazonギフト券の残高を確認してみると、返金は商品代金の1,299円となっており、そのほかに500円のギフト券が登録されていました。
Amazonの返品

自己都合による返金なので、送料は自己負担だと思っていましたが、送料がギフト券500円分として返金されたのではないかと思います。

今回の場合は開封もしてしまい、自己都合の返品だったので、全額返金も難しいのではないかと思っていましたが、全額返金された上にさらに500円分のギフト券までもらうことができたので、返金手続きをしてよかったです。

ダメ元でも返品はしてみるものだと学びました。




Amazon
ストレスフリー的生活術

コメント