自家製サラダチキンを低温調理器デリシェフで作ってみました!

手間なしで簡単にお肉が柔らかくなる低温調理器「デリシェフ」が我が家にやってきてから、様々な肉料理に挑戦しています。これまでサラダチキンはスーパーで購入していましたが、デリシェフがあれば自宅で簡単につくれてしまうのです!

初めてサラダチキンを作ってみたので作り方など紹介します。胸肉とは思えないほど柔らかくできましたよ!

低温調理器とは?

低温調理は、たんぱく質が凝固する温度以下でじっくり加熱する調理方法で、肉が縮みにくく、肉汁などの風味や旨みをたっぷり残すことができます。さらに、均一に加熱ができるため具の内部に向かってムラなく仕上がります。そのため、しっとり柔らかでジューシーなお肉になります。

フライパンやオーブンなどの一般家庭にある調理器具では温度を一定に保つのはとても難しくて、加熱ムラが生じたり、焼きすぎて固い肉になってしまいます。

それを解決するのが『低温調理器』。低温調理器があれば、だれでも簡単に低温調理ができてしまいます。いくつかのメーカーから販売されており、価格帯は1~2万円で販売されています。

BONIQ(ボニーク)というメーカーの低温調理器が非常に有名ですが、どの低温調理器でもそれほど変わらないと思います。価格は2万円前後で販売されていますが、もう少し安い商品もあります。私が使っているのはショップジャパンで販売している『デリシェフ』という低温調理器です。

【正規品】デリシェフ(ショップジャパン公式サイト)

1万円ちょっととお値段もそれほど高くありません。デリシェフについての詳細は以下の記事をご覧ください。

低温調理器デリシェフの評判・口コミは?実際に料理してみたレビュー
デリシェフ(delichef)を使ってローストビーフやサラダチキンを作ってみましたが、自宅で作ったとは思えないクオリティのジューシーで柔らかいお肉になりました。使い方やお手入れも簡単で、セットするだけのほったらかし調理で柔らかいお肉が出来てしまう優れものです!

材料・下準備

100g68円の鶏むね肉でサラダチキン(鶏むね肉の柔らか煮)を作ってみました。鶏むね肉は安くて経済的です!

鶏肉の皮を取り除いて、塩を全体に振る。

ジップロップに入れ、空気を抜きながらチェックをしめる。味付けのために、キューピーオイルソースを少し入れました。

デリシェフの設定・調理

鍋にデリシェフ本体を設置し、水をいれて60℃・50分に設定する。デリシェフ稼働中の音はほとんど感じないくらい静かです。

設定温度になった鍋に袋ごといれ、加熱する。

あとはタイマーが知らせてくれるまで放置。タイマー付きの自動制御なので、見張っている必要はありません!。終わると自動的に停止します。

このときは初めてだったので1袋だけを調理しましたが、鍋にはかなり余裕があるので1度に数袋まとめて調理するのがおすすめです。最近は3~4袋同時に調理しています。

自家製サラダチキンの完成!

加熱終了後、袋から取り出した鶏肉。

普通に加熱するとパサパサになってしまう鶏むね肉がしっとりしたサラダチキンになりました!

市販のサラダチキンよりもジューシーで柔らかいです!

60℃以下の低温でじっくりと温めて調理することで水分を逃さず、しっとりと柔らかく仕上がります!

【正規品】デリシェフ(ショップジャパン公式サイト)

最近は、デリシェフでサラダチキンをまとめて作り、冷凍しておいて、自然解凍して食べています。冷凍→解凍してもほとんと劣化せずに美味しく食べれます。鶏むね肉はヘルシーなので、常備しておくと何かと便利です。

ハムチキンをバケットに挟んだサンドイッチが朝食の定番になりつつあります。

コメント