承認率の悪い広告主はさっさとリストラするのが得策!

アフィリエイトをやっていてストレスがたまるのは「承認率の低い広告」です。ホテル予約などはそもそもキャンセルがある程度あるのがわかっているので、承認率が低くても納得できるのですが、はっきりした理由がわからずにやたらと承認率が低い場合があります。

以前はそういう広告主にすごくストレスを溜めていたのですが、『承認率の悪い広告主はさっさとリストラする』と決めてからはストレスがたまらなくなりました。高単価の広告であれば承認率を上げる努力をしてみる価値はあると思いますが、3,000円以下の広告なら迷わずリストラと決めてさっさとリストラしています。

私の経験では、承認率の悪い広告というのは承認率を上げようといろいろと努力しても結局実を結びません。なのでさっさと諦めたほうが得策というのが私の結論です。承認率のよい広告主は何もしなくても承認率がよいので、そういうところとお付き合いしたほうがストレスもたまりません。

リストラ事例1

これは今年3月から5月の2か月間新たに導入した広告ですが、9件中7件が拒否。単価1,500円程度でこの拒否率はやる気をなくします。しかも成果条件はそれほど厳しくないので、こんな高い拒否率はおかしいという不信感もあったので即刻リストラしました!

承認率1

リストラ事例2

こちらの広告は1年間導入していたのですが、49件の注文数に対して承認数は7件。承認率はたった15%です。注文金額の約3%が報酬という案件で、1年間の報酬はたったの2,361円です。仮にすべて承認されていたとしても2万円ちょっとなので決してよい報酬条件ではありません。

最初はなんとか承認率を上げようと努力しましたが、結局無駄だということがわかりリストラしました。この広告をやめて他の広告に切り替えたら、報酬が格段にアップしたのでもっと早くにリストラするべきでした。

承認率2

承認率が悪い理由をASPに質問

原因がわからずに承認率が悪い広告主があったら、私はASPにその理由を質問するようにしています。上記の2つの事例に関しても、ASPに問い合わせたら広告主に確認してくれて理由を教えてくれました。しかし、納得のいく理由ではありませんでした。成果到達地点がそれほど厳しいわけでもないのに、承認率が低いというのは正当に承認されていないのではないかという不信感を持ちました。

必ずしも広告主がズルをしているというわけではないと思いますが、承認率の低い広告主と付き合うのは時間の無駄で、精神的にもよくないので、早く切った方が得策だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. だるま より:

    参考になる記事ありがとうございます。興味深く読ませていただきました。

    管理人様の他の記事も読ませていただきましたが、
    本記事のリストラ事例2というのは、旅行関連のVe○○○○でしょうか?確かに驚愕の承認率なので。。。
    張り替え検討中です。

    • stressfree より:

      だるまさん、コメントありがとうございます。事例2の広告主はそのとおりです。紹介したのはVCのケースなのですが、その広告主はリンクシェアのほうでメインに扱っていました。そちらは月に30~50件売り上げがあって、承認されるのが1~2件とひどかったです。その広告主の担当者とはとあるイベントでお会いしたのですが、会社自体は非常に感じがよくて承認に関してもずるをしているということはないと思いました。再訪問期間が短すぎるのが問題だと思います。ここまで悪い承認率だとさすがに積極的に紹介する気はなくなりますね。広告内容自体は非常に魅力的なんですけどね...。

      • だるま より:

        そうなのですね。有益な情報発信してくださりありがとうございます。
        私もリンクシェアのほうで扱っていまして、月に30件ほど発生です。
        承認は3,4件でしょうか・・・

        張り替えるのであればJTBさんとかでしょうか?件数自体は減りそうですね・・・
        承認されてなんぼですが。

        • stressfree より:

          だるまさん、月30件で3~4だとがっがりですよね。私はいったんJTBに変えましたが、正直おすすめできません。V社に比べると扱っているツアー数がかなり少ないのと、レビューなどもなくて申し込むには勇気のいるページ構成です。私は半年くらい利用しましたが、コンバージョンがものすごく悪く半年で申込みは3件程度でした。でもすべて承認されたので、うまくやればV社より利益があがるかもしれません。でも読者視点でみると、V社のツアーのほうが低価格で魅力的なので紹介するとしたらV社がよいと感じています。

          アフィリエイトの観点で考えると、ツアーに力をいれるよりもホテルなどのほうが確実に利益があがると思います。