突然まぶたが腫れた!

昨日突然左目の下まぶたが腫れぼったくなりました。一晩寝れば治るだろうなんて軽く考えていたら大間違いで、今朝は悪化していました。このまま放置していたらもっとひどくなると思って朝一で病院へ行ってきたのでそのメモです。

症状

朝起きたときこんなでした。下まぶたに白っぽい膨らみがあり、その周りが赤く腫れた状態。

ちなみに症状の変化は、
月曜日・・左の下まぶたが少しカサカサする程度(腫れ、痛みなし)
火曜日・・朝起きると少し腫れあり。よくみると白い膨らみあり。
水曜日(本日)・・朝起きると前日よりも腫れがひどくなり赤みを帯びてやや痛い。目が十分開かない。結膜が真っ赤。

今日は水曜日。木曜日はたいていの病院は休みなので、明日さらに悪化したらヤバいと思い慌てて眼科を受診。

診察

瞼(まぶた)の診察は眼科なのか皮膚科なのか迷ったのでネットで調べてみたところ、どちらでもOKなようです。目に近い場所だから何となく眼科のほうがよさそうと思い私は眼科に行きました。

平日の午前中に眼科に行くのは初めてでした。そもそも眼科自体ほとんど行く機会がありません。ほとんどがお年寄りで10人位待合室にいました。予約の人もいて診察までに1時間近く待たされました。暇人と言えども待ち時間は長く感じました。

診察は、機械で目の中を覗いたり、光をあてたりで2、3分で終わりました。「毛穴にバイ菌が入ってそこが膿んでいる」との診断でした。白く膨らんでいるのは膿だったようです。切って膿をだすこともあるらしいのですが、今回はしませんでした。

いわゆる「ものもらい」みたいですが、かなりひどかったようです。病院にきてよかったです。

処方された薬は「抗生剤の飲み薬と目薬と眼軟膏」でした。

先生に「薬で効かなかったらどうするのですか?」と質問したところ、『一番強力な薬を出しているのでこれ以上の治療法はありません。』と言われました。

★現在、薬を飲んだり目薬をさしたりしてから約5時間が経過していますが、腫れがかなりひいて痛みもほとんどなくなりました。やはり薬はすごいと感じました!

治療費は薬代込で2,590円でした(自己負担3割)。内訳は「初診282点、投薬326点、検査245点」で計863点となっていました。

・・・追記・・・
★診察後の経過

水曜日(診察)・・腫れがひどく赤みを帯びてやや痛い。目が十分開かない。結膜が真っ赤。
木曜日・・前日とほぼ同じで腫れはまだひかず、結膜も真っ赤。夜に腫れが引いてきた。
金曜日・・腫れは半分くらいになり、患部がじゅくじゅくしてカサブタ状に。痛みは軽減。
土曜日・・腫れはほぼなくなったが、患部が赤くなりヒリヒリと少し痛い。結膜の赤みはなくなった。
日曜日・・腫れはなくなり、患部の赤みだけになり痛みも感じなくなった。
月曜日・・患部がやや赤いだけでほぼ治った。

最初は軽く考えていたが、発症から完治まで結局1週間以上かかった。

ものもらいの市販薬

素人判断で市販の薬を使うよりは眼科を受診したほうが確実に治ると思います。しかし、仕事の都合だったり病院が休みだったりでどうしようもないという場合は、何もしないで放置しておくよりは抗菌作用のある薬を使った方が患部を清潔に保ててよいと思います。

ものもらい用の目薬が市販されています。これで治れば病院行くより安いです。

【第2類医薬品】ロート抗菌目薬i 0.5mL×20
ロート製薬 (2007-04-16)
売り上げランキング: 51

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする