医療用弾性ストッキング「ベノサン7000」で足のむくみ解消!

私は毎日10時間以上パソコン仕事をしており、足がすごくむくみます。そこで初めて弾性ストッキングを試してみました。下肢静脈瘤にもよいという医療用弾性ストッキング ベノサンシリーズの最高級モデル「ベノサン7000」を履き始めて約1か月たちますが、本当に足のむくみが無くなって、足が軽くなりました。

ためしてガッテンで紹介された後にすぐ売れきれになるほどの人気商品とのことで評判通りの効果でした。下肢静脈瘤、立ち仕事などで足がむくむ人には本当におすすめの弾性ストッキングです。

弾性ストッキングとは?

弾性ストッキングとは、弾力性を持った特殊なストッキングで、足を引き締めることで、疲れやむくみの元凶とも言える『静脈の弁の壊れ』を保護し、血流をよくしてくれます

弾性ストッキングを履くことで、静脈瘤の痛み、だるさなどの自覚症状および浮腫や皮膚炎などの他覚症状を改善し、症状の進行まで押さえてくれるそうです。

ベノサン(venosan)とは?

ベノサンは医療先進国であるスイスより上陸した医療用ストッキングで、その品質・効果が高く評価され、世界中の医療機関でお墨付きをもらっています。以前は病院でしか購入できなくて、価格も1足約3万円もしたそうですが、現在は楽天市場に公式ショップがあり、一般の人でも購入できます。

楽天で買えば病院で買うより安いですが、それでも普通の弾性ストッキングより高価です。1万円以上もするので、値段だけみてしまうと「高い!」と感じますが、耐久性などを考えると普通のものよりコストパフォーマンスがかなり高いのです。

医療用でない普通のとベノサンの違いをまとめる以下の通りです。

普通の弾性ストッキング ベノサン弾性ストッキング
弱圧~中圧 高圧32mmHg
伸縮性 低い(履きづらい) 高い(履きやすい)
耐久性 数回の洗濯で圧が弱くなる(1か月で買い替え) 150回の洗濯でも圧が持続(6か月以上使える)
価格 5,000円程度 18,360円

ベノサン7000を実際に使ってみた感想

購入すると、箱の中にストッキング、専用カバー、説明書が入っています。

履きやすさ

弾性ストッキングというと履くのがものすごく大変というイメージがありましたが、そこまで大変ではありませんでした。購入時に一緒に入っている『専用カバー』を使うとかなり楽に履けます。専用カバーがないと、自力ではくのは難しいと思います。一度履くコツを覚えてしまえば、片足1分もかからないで履けるようになりました。

まず専用カバーをつま先に履きます

カバーの上からストッキングをはきます

ストッキングを履いたらカバーをつま先から引っ張って取り除きます

こちらの公式動画に履き方が詳しく紹介されています。

簡単とは言え、引っ張るのである程度の力は必要です。下肢静脈瘤の母親(80代)もこのストッキングを愛用しているのですが、履くのが大変だと言っています(それでもなんとか自力で履いていますが)。年配の方で手の力が弱いと履くのが少し大変かもしれません。

実際に履くとこんな感じです

ストッキングというよりは、スポーツウェアのような感じで、伸縮性はとても強いです。夏は暑いかなと思ったのですが、意外にもさらっとした履き心地で汗をかきません。

私が履いているのは「ブラック・つま先無し」です。つま先ありとつま先無しがあります。つま先ありは試したことがないので、なんとも言えませんが、つま先無しのほうが履きやすい気がします。

着用後はむくみ解消

私は毎日、朝10時~夕方4時まで履いていますが、以前感じていた足のだるさやむくみが取れて、足が軽いのを実感します。医療用だけあって、効果はすごいです!

洗濯方法

ストッキングへのダメージを考えると手洗いで優しく洗ったほうがよいと思いますが、面倒なので私はネットにいれて洗濯機で洗っています。100均の目の細かいネットを利用していますが、20回程度洗った段階では全く傷みはありません。

公式サイトによると、150回洗濯しても効果が持続することが実験で証明されているので、伝線などに気を付けて洗えば洗濯機で洗っても着圧効果には問題ありません。毎日洗濯しても約6か月使用できるので経済的です。

サイズの選び方

サイズはS・M・Lの3種類あります。弾性ストッキングの効果は足首の着圧できまるので、足首の周囲を測ってサイズを決めます

私は足首回りが23cmなのでSにしました。どちらかというと足全体が太いほうだと思っていたので、Sで入るか心配でしたが、大丈夫でした。サイズ計測は足がむくんだ状態で計測してよいそうです(サポートセンターに確認済)。

ベノサン7000の口コミ・評判

楽天市場では200件もの口コミが投稿されており、5段階中4.43ととても高い評価を得ています。レビューを読んでいて驚いたのは、多くの人が何足も買っているリピーターということ。病院で勧められて買う人も多いので、信頼性も高く、効果を実感したら手放せなくなるようです。

下肢静脈瘤と皮膚炎予防に購入しました。二足目です。三ヶ月ほどいろいろな弾性ストッキングを履き比べてみましたが、一番履きたいと思うのがこちらでした。つま先ありもつま先部分にゆとりがあるので巻爪にも負担が少なかったです。
医師として働き始めて、毎日座る暇もないほどの毎日で、浮腫だけでなく、脚が疲れて痛くなるのに困っていました。ベノサンを使い始めてから、嘘のように浮腫がなくなり、なにより疲れなくなりました!それまでは夜になると脚が重だるく、歩くのも辛いほどでしたが、仕事中にベノサンを履くようにしてから、疲労感が軽減され、次の日にも疲れが残らなくなりました。
長年、むくみと足の疲れに悩まされていましたが、こちらのストッキングをはくようになってから、足が疲れにくくなりました。
仕事が立ち仕事だったのもありますが、今ではむくみと足の疲れを気にせず、仕事しております。
足の浮腫にずっと悩んでました。この商品を購入してから、お風呂以外は履いてます。本当に楽です。浮腫の辛さ苦しみから解放されて毎日楽しく仕事してます。
静脈瘤があるので、今まで、他の弾性ストッキング使っていましたが、あまり効果ありませんでした。足が痛かったので病院も行きましたが、弾性ストッキングがいいみたいで、買いました。足が軽くなり、痛みも軽減しました。

ベノサン5000と7000の違い

ベノサン7000が発売される以前はベノサン5000が人気商品で現在も売られています。着圧はどちらも同じに設定されています。どちらを買うか迷う方もいると思うので、両者の違いがわかる口コミを調べてみました。

楽天市場のレビューをみると、以前は5000を履いていたけど、今は7000を愛用しているという人が大勢いました。私は5000は履いたことがないので、両方使ったという方たちのレビューをご紹介します。

7000のほうがやや厚手ですが、しっとり感があり、色は5000より黒いので、使いやすいです。生地は柔らかめですが、しっかりしています。履いた直後は、5000の方が良いかも?と思いましたが、今では、このしっとり感が癖になり、やはり次も7000を購入しようと思っています。
5000を6足購入。しかしすぐに破いてしまったりで、今回7000を3足買い足しました。5000でも効果は十分でしたが、かなり良くなっています。厚手で見た目、固そうに見えますが、伸縮性が良く、自分の皮膚のような密着感で、長時間履いても履き口が締めつけられて辛くなることが全くないです。もう他の着圧は履けません。脱いだ時に履いている部分だけ肌の色が白く、逆に血行が悪くなっているのでは?と心配したことがありましたが、リンパマッサージをしてくれている人に、足の肌のくすみがとれて色が白くなりましまね!と言われてびっくり。顔と同じく足も血行が良くなると肌色は白くなるそうで効果絶大です。
7000の生地はしっかりしていて厚みがあるのに驚くほど蒸れないです。これを知ってしまうとあれほど気に入っていた5000に戻れないかも知れません。
5000のほうが履いた時にキツめだと思います。7000は2足目ですが、履きやすく、締め付けも程よいように感じます。いつもむくんでいた足ですが、どちらも履いている日は足が楽です。

みなさん共通している感想としては、
・7000のほうが生地が厚いが、5000よりも履きやすくてキツくない
・7000のほうが通気性がよく蒸れない

とのことなので、7000のほうが満足度は高いようです。

ちなみに値段は、
・ベノサン5000:16,200円(税込)
・ベノサン7000:18,360円(税込)
と7000のほうが少し高いです。

>> 医療用弾性ストッキング ベノサン5000

>>ベノサン venosan 医療用弾性ストッキング ベノサン7000

ベノサンストッキングの価格・半額で買える?

ベノサンシリーズは、楽天市場の「ベノサン正規代理店」で購入できます。正規代理店で購入すれば、電話サポート・6か月保証などのサポートが無料で受けられるので安心です。

ベノサン7000は18,360円(税込・送料無料)です。レビューを見ていると、セールで安く買ったという人もいます。過去のセールでは半額の9,000円程度で販売していたこともあるようですが、最近はあまりセールをやっていないようです。

>>ベノサン venosan 医療用弾性ストッキング ベノサン7000

※今回紹介した商品は商品提供を受けたものです