Suicaとnanacoと楽天Edyどれを使うのが得か?

電子マネーの「Edy」、「Suica」、「nanaco」全部もっている人も多いと思います。迷うのがEdyとSuicaとnanacoのうち複数が使えるお店でどの電子マネーで支払った方が得なのか?ということです。例えばセブンイレブンやイトーヨーカドーではEdy、Suica、nanacoいずれも使えます。

そこで、EdyとSuicaとnanacoいずれも使えるお店のときはどれで支払った方が得なのかを計算してみました。

楽天Edyで支払った場合

クレジットカードのポイント

私がEdyチャージに使用しているのは楽天カードです。Edyチャージでの還元率は0.5%です。

利用ポイント

私はモバイルEdyを利用しているので、Edy200円の利用で楽天ポイントが1ポイントたまります。すなわち還元率は0.5%となります。

以上より、総還元率は1.0%(利用時0.5%+クレジットカードチャージ0.5%)です。

SUICAで支払った場合

クレジットカードのポイント

私がSUICAチャージに使用しているのはVIEWカードです。Suica利用者が一番得するカードはVIEWカードだと思います。

VIEWカードからのSUICAチャージは1000円で6ポイントがたまります。400ポイントで1000円分SUICAチャージができるので、400ポイント=実質1000円となり、還元率は1.5%です。

さらにVIEWカードの場合、利用明細をWEBのみにすると毎月20ポイントがたまるので、+αです。

nanaco(ナナコ)で支払った場合

クレジットカードのポイント

私がnanacoチャージに使用しているクレジットカードは、セブンカード・プラスです。クレジットカードのチャージで0.5%ポイント還元されます。

利用ポイント

nanacoを利用すると100円利用毎に1nanacoポイントが貰えます。1nanacoポイント=1円分の電子マネーnanacoと交換することができます。すなわちnanaco利用時の還元率は1%です。

ただし、セブンカード・プラスを持っている場合は、イトーヨーカ堂とセブンイレブンでの買い物でnanaco還元率は1.5%です。

上記より、イトーヨーカ堂とセブンイレブン以外でのnanacoでの総還元率は1.5%(利用時1%+クレジットカードチャージ0.5%)、イトーヨーカ堂とセブンイレブン利用時のnanacoの総還元率は2.0%(利用時1.5%+クレジットカードチャージ0.5%)となります。

イトーヨーカドーをよく利用する人は「セブンカード・プラス」をもっているととてもお得です。買い物の還元率1.5%の他、毎月「8」のつく日は5%オフになります。セブンカード・プラスは『ハピタス』から申し込むとお得です。新規カード発行で8,000ポイント(8,000円相当)がもらえます。

結論

以上より、私の場合の還元率は

  • nanaco:2.0%(セブンイレブン、イトーヨーカドー利用時)
  • nanaco:1.5%(セブンイレブン、イトーヨーカドー以外)
  • Suica:1.5%
  • 楽天Edy:1.0%

・nanacoへのチャージはセブンカード・プラス
・Suicaへのチャージはビューカード+モバイルスイカチャージ
・楽天Edyへのチャージは楽天カード

セブンイレブンとイトーヨーカドーでは迷わずnanacoを使い、それ以外のお店ではnanadoかSuicaを使うのがお得という結果になりました。楽天エディは楽天市場ではお得ですが、それ以外は他の電子マネーに比べると還元率が低いことがわかりました。

これはあくまでも私の場合の還元率です。使用するクレジットカードによって還元率は変わってきますのでご注意ください。