ジモティ―の民度がヤバイ!

不用品を売る手段として、以前はヤフオクのみを使っていましたがが、昨年からジモティーという無料で取引ができるサービスも使い始めました。最初のころは、手数料無料で結構気に入っていたのですが、1年ちょっと使ってみてさまざまなマイナス面が見えてきました。

ドタキャンする人や信じられないくらいセコイ値下げ交渉をしてくる人など民度が低い人が多いのです。そのような人とやり取りをするのは精神的に疲れます。

ジモティーをはじめた頃に書いた記事はこちら⇒ヤフオクで売れなかった商品をジモティ―に出したらすぐ売れた!

このころは、取引相手の数が少なかったこともあり、まともな相手ばかりだったので、結構気に入って使っていました。しかし、取引が増えるについれて変な人が多いことに気づきました。

具体的にどんなヤバイ人がいるのか紹介したいと思います。もちろんまともな人もたくさんいますが、ヤバイ人が2割位と結構高いです。

値下げ交渉の額が半端ない

未使用の文房具(定価1,200円)を500円で出品したら、以下のような問い合わせがきました。

「大変恐縮ではありますが、送料込みで200円にしてもらえると助かります。よろしくお願いします。」

は? っていう感じです。500円で出品している商品をなんで送料込みで200円にしないといけないのか意味がわかりません。もちろん断りました。断ったら、その後返信ありませんでした。

* * * * *

別のケースでは、ヤフオクの落札相場が2,000円前後の美術館のペアチケットを1,600円で出品していたのですが、

500円になったりしませんか?(; ꒪ㅿ꒪) もっとお安ければ大歓迎です」という問い合わせがきました。

もちろんそんな格安で譲る気はないので「値下げはしておりません。ご検討よろしくお願いします。」と返信したら、

わかりました! け~ち。」との返信がありました。

完全にアウトの人ですね。結局ヤフオクに出したら、2,150円で落札されたので、手数料引かれてもヤフオクのほうが全然よいです。何より、ヤフオクはこのような変な人とのやり取りがないので無駄なストレスがかかりません。

物々交換したがる

とある商品券を出品したときのことですが、以下のような問い合わせがきました。

缶ビールを10000円相当(40缶)ご提供できますので、それと交換取引をお願いします。ビールを飲まない場合はコーヒーや紅茶でのご提供も可能です。

物々交換などする気はなかったので、「現金でのお取引をお願いします。」と返信をしたら、

今の時代、現金で売れると思っているみたいですね。残念ながら現実はそんなに甘くありませんよ。扱える金券ショップを探した方がいいでしょうね。それでは。

との負け惜しみ的な返信が来ました。関わらないほうがよい相手ですね。

結局、ヤフオクに出したらすぐに売れました。商品券やチケットはヤフオクに出すべきだと学びました。

とにかくセコイ

500円の商品の取引が成立し、郵送してほしいと言われました。クリックポストで送るので送料200円で合計700円を振り込むように依頼しました。そうしたら、

クリックポストは164円なので送料を164円にしてくれ、できれば送料100円を希望

との返信がありました。「梱包材や封筒代を含めた送料なので、200円でお願いします」と返事をしたら、

送料で儲けようとしているのですか。それでは取引は結構です

との連絡がすぐにきました。本当にびっくりしました。正気の沙汰ではありませんね。

まとめ

まともな人もたくさんいますが、ドタキャンする人が1割位、上記のような変な人が1~2割位との印象です。登録が簡単にできてしまう分、こういう人が多いのは仕方ないと思いますが、こういう人とやりとりするのは疲れます。

ヤフオクのほうがすぐに売れるのと、本人どうしのやりとりをしなくてもよいので、最近はヤフオクメインで使っています。ヤフオクのほうがストレスを感じずによい取引ができます。手数料を取られても、ヤフオクのほうが高値で売れることも多いです。

状態のよい商品でアマゾンで取り扱っているものなら、マーケットプレイスを利用しています。マーケットプレイスについてはこちらの記事に書きました⇒Amazonマーケットプレイスに出品してみました

ただ、ジモティは無料でずっと登録できるというメリットがあります。すぐに売る必要のない商品はとりあえずジモティにも登録しておくと、忘れたころに取引相手が見つかることがあります。ヤフオクなどと併用して使うにはよいサービスだと思います。

ただし、民度が低い人が一定数いるので、そのような人にあたったら精神的に疲れることを覚悟する必要があります。変な相手から連絡がきたら、やんわりとかわして関わらないのが賢明です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする