ミステリーショッパー(覆面調査)は稼げるか?

ミステリーショッパー(覆面調査)をご存知ですか。調査員が一般のお客様になりすましてお店を利用し、接客態度や商品の品質などについてチェックする調査のことです。

私は以前から覆面調査員として数々の飲食店などの調査をしているので、どんなものなかの紹介したいと思います。結論から言うと、稼げるものではなくて、飲食代や美容師代がタダ同然になるといったものです。なので、稼ごうと思ってやるものではありません。

レポートを書くのが苦にならない人で、飲食代を浮かせたいという人には向いています。私はレポートなどがスラスラと書けるタイプなので結構向いているみたいです。

覆面調査とは?

覆面調査(ミステリーショッパー、ミステリーショッピングともいう)とは、お客様に扮した調査員が、あらかじめ定められた調査項目に沿って、対象店舗を利用し、報告書を作成します。調査対象店舗は、覆面調査を行う事で自店の強みや弱みに気づき、より良い店舗運営に役立てる事ができます。

謝礼額は調査内容によって様々です。具体的な店舗名などをあげることは規約に反するのでできませんが、だいたいどんな感じの調査依頼でいくらくらいの謝礼なのかについて説明します。

来店調査

実際に飲食店などに行って調査をします。飲食代と同等もしくはそれ以上の謝礼を貰えることもあれば、飲食代の半額程度の謝礼という案件もあります。当然ながら、謝礼が高い案件は競争率も激しいです。

調査依頼例1
居酒屋に2人以上で来店して、5,000円以上の飲食をしてレポート提出⇒6,000円の謝礼

調査依頼例1
レストランに2人以上で来店して、4,000円以上の飲食をしてレポート提出⇒3,000円の謝礼

調査依頼例3
スーパーに1人で来店し、1,000円以上の買い物、店員への質問をしてレポート提出⇒2,000円の謝礼

調査依頼例4
ガソリンスタンドで1,000円以上の給油をして、店員への質問をしてレポート提出⇒1,500円の謝礼

在宅調査

在宅調査は商品を宅配で購入したり、オンラインでお試し会員になったりして、レポートを提出すると謝礼がもらえるというものです。

調査依頼例5
オンライン英会話の無料体験授業を受けて、感想をレポートする⇒500円の謝礼

調査依頼例6
健康飲料を新規購入(1,500円)してレポート提出⇒1,000円の謝礼

※謝礼はポイントでもらえますが、ポイントは現金やアマゾンギフト券などに交換できます。

覆面調査員になるには?

ミステリーショッパーになるには、まずミステリーショッパーの会社に登録します。登録はネットから無料でできます。登録すると、調査を募集しているお店の一覧を見ることができるので、自分のやりたい案件に応募します。人気のある案件だと抽選で調査員が決まるので、必ずしも応募した案件の調査ができるというわけではありません。

ミステリーショッパーのサイトはいくつもあります。以下に私が利用しているサイトを紹介します。特に最初は応募しても当たらないことも多いので、複数のサイトに登録しておくのおススメです。実績を積むと当たりやすくなります。

私の利用しているサイト

私が利用しているのは以下の2サイト。いずれも有名なところばかりです。いずれも、調査をしたことがあり、謝礼がきちんと支払われたのできちんとした会社です。

ファンくる

有名な大手サイトで、あらゆるジャンルが揃っていて案件数が多いです。他のサイトとの違いは、当選結果がその場ですぐにわかることです。通常は応募してから当選結果がでるのには数日から数週間かかります。

通常のミステリーショッパーは、実績がないと当選しにくいのですが、ファンくるはそれほど実績に左右されません。レポートの記載項目もそれほど多くないので、初心者には一番おすすめです。

◆登録はこちら>>ファンくる

ミステリーショッピングリサーチ

こちらもかなりの大手で案件の数が多いですが、登録者も多いので、人気の飲食店などはなかなか当選しません。昨年からモニターランクという制度ができ、モニターランクが高いと優先的に当選するしくみになっています。

調査の内容や提出したレポートの品質に応じて、ランクが決まるので、きちんと調査してよいレポートを書けばランクが上がります。私はゴールドランク(2番目のランク)です。ゴールドだと「優先的に調査に当選する権利」があるので、人気のお店の調査でも当選することがあります。

最初はあまり人気のないお店や謝礼額が高くないお店を狙ったほうが当たりやすいです。そのようなお店の調査を確実にこなして実績を積み上げて会員ランクを上げてから、人気店に応募するのがよいと思います。

◆登録はこちら>>ミステリーショッピングリサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする